【テリオスキッド】オイル交換1回目

テリオスキッド
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

ヤフオク!で購入した中古のテリオスキッド。購入後3000キロほど走行しましたのでオイル交換しました。

中古で購入した車は購入時にオイル交換するのですが、このテリオスキッドはタイミングベルト交換してすぐの車体なので購入時にはオイル交換していません。

理由は、タイミングベルト交換するときにはオイル交換も行うので、間違いなく新しいオイルが入っているため。

ただ、どのようなオイルが入っているのは謎なので少し気味悪いといえば気味悪いのですが、環境のことを考えれば使えるオイルを抜いて捨てるのは良くないと思ってそのまま乗っていました。

103,200km

購入時点での総走行距離は98,600 km

現在は103,200kmです。

なので、まぁまぁの距離を走りましたね。

まぁスポーツカーではないので、5000キロごとの交換で行こうと考えています。

今回購入したのはコメリのオリジナルオイルです。

鉱物油ですが、とてもお安い。

とてもお安いのに、ILSAC GF-5です。

粘度は5ー30wでごくごく普通です。

10万キロオーバーの車体ですが、5000キロ近く走ってもオイル食いは殆どないので、もっと低粘度のオイルでも良いかも知れません。

車高が高いのでジャッキアップしなくてもオイル交換できるかと思いましたが、縦置きエンジンなのでオイルパンが結構奥にあってジャッキアップしてウマを掛けて潜り込まないとオイルドレンに辿りつけません。

これがドレンボルトです。

テリオスキッドの下回りは生意気にもアンダーカバーがついています。(プラスチックてすが)

アンダーカバーに開いているサービスホールの奥側にオイルパンはあります。

エンジンオイルのドレンボルトはサービスホールからアクセスできますが距離があり狭いのでスパナやメガネレンチでは作業できませんでした。なので、延長したラチェットで緩めました。

ドレンボルトを引き抜くと勢いよく廃油が出てきました。

こんなに勢いよく出てくるオイルは初めてです。

吃驚したのですが、廃油受けからオイルが溢れてしまいました。

慌てて新聞紙で廃油を吸わせます。

最近はエンジンオイル交換はずっと上抜きでやっていたので本当に吃驚しました。

テリオスキッドはエンジンルームにオイル交換は下抜きで行うようと注意書きがあるので、下抜きでやったのですが、割と惨事になりました。

廃油受けは自作で、廃オイル缶に穴を開けて窪みを作っただけの簡素なものです。

オイルドレンパン 8L STRAIGHT/36-229 (STRAIGHT/ストレート)
by カエレバ

こういうのをイメージして作ったのですが、オイルが入っていく穴が小さ過ぎたのでしょうね。

まあ、ぶちまけたい廃油を掃除する時間の方が圧倒的に長かったのですが、オイル交換自体は簡単でした。

縦置きエンジンはロードスターも同じですが、流石に軽自動車なのでぎっちりです。

そうそう、廃油ですが、新聞紙で吸わせて残ったものはパーツクリーナーを吹き付けてさらに新聞紙でふき取りしたら綺麗になりました。

僕のテリオスキッドは燃費がリッター13キロなのですが、今回使用したオイルでどう変わるのか興味があります。

オイル交換後から燃費が落ちれば今までは省燃費オイルが入っていたのだと思いますが、どうでしょうかね。

ちなみにテリオスキッドのオイル交換に使用するオイル量はわずか2リットルでした。

4リットル缶で2回オイル交換ができる計算ですが、2回目のオイル交換はオイルフィルターも交換するので2リットルでは足りないかなぁと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました