テリオスキッドのシフトレバーを延長しました

テリオスキッド

テリオスキッドのシフトレバーは低い位置にあります。

シフトの操作性は良くて、スコスコ入ります。ただ、位置が低いので手を低い位置まで降ろさないといけないため左肩が下がる感じでシフトノブを操作するようになり、これが結構鬱陶しいです。

スポーツカーならシートの方の位置を下げてシフトノブとの位置関係をいい感じにするのですが、テリオスキッドは着座位置の高さが魅力のひとつなので、スポーツシートを入れて着座位置を下げようとは思いません。

これが延長前のシフトノブです。

一丁前にシフトブーツはゴムの段々になったやつではなく、レザーブーツです。これで標準なので素敵です。

この写真だとちょっとシフトノブの高さがわかりにくですね。

ちなみにシフトノブは社外品で、どこのか忘れたけれどジュラコンのシフトノブです。

軽いのと、暑い日でも寒い日でも温度の影響が少ないので快適なのが美点ですが、形が上から握るタイプではなくて横から握るタイプです。

昔日産パルサーVZ-Rに載っていた頃に、ニスモのジュラコンのシフトノブを使っていたのですが、これが握りの具合が本当に良くて、本当にお気に入りだったんですが、ダイハツには同じものはないし、ダイハツにニスモを取り付けるわけにも行かないのでこれで我慢しています。

で、今回購入したのはこちら

星光産業のエキステンション100 ET-28 というやつで、真っ直ぐではなくて少し曲げがあるのが特徴です。

購入価格は1,214円でした。

ねじサイズは12mmx1.25を購入。

カラーはシルバーとブラックがあるのですが、今回はブラックを購入しました。

いまアマゾンを見ると1,029円になってて、少しショック。

形的には曲げがないほうがキレイなんですが、曲げがないとナビに手が当たるので、曲げのあるものを購入しました。

こういうのを付けるとシフトのストロークが大きくなるのと、延長したぶん剛性が落ちるのでカチッと感が失われるのですが、快適なドライビングポジションの為に購入しました。

裏面はこんな感じです。

適合車種もしっかり記入されているのですが、アマゾンではこの画像がないので不便でした。

僕のテリオスキッドは、もちろんダイハツで、フロアシフトMT車、2000年式なので、これで間違いありません。

箱から取り出しました。

キレイなブラックで塗装されています。

ナットが2枚付属しています。

わかりにくいですが、ネジが切ってあります。これがシフトノブを外したところにハマるわけですね。

シフトノブを取り外します。

テリオスキッドのシフトもブラックなので相性はいいです。

まずは付属のナットを一枚挿入します。

このナットで延長部分の固定を行います。

締め付けはスパナ14mmで行います。

取り付け完了です。

まぁ、継ぎ目が気になるかと言われると、僕は気になりません。

が、気になる人はいるでしょうね。はっきり継ぎ目がわかるので。

で、肝心のシフトノブの高さですが、画像の見た目通り、ばっちりです。

傾きがあるので少し面白い感じですが。

助手席側からパチリ。

ステアリングとシフトノブの位置関係が近くなって操作性向上しました。

しかし、懸念通り、ストロークは長くなり、それに伴って剛性も低くなり、あまーいシフト感覚になりました。

一言でいうと、軽トラックのような操作感です。

ただ、計算外だったのが、前後のストロークだけでなく左右のストロークも増すということ。

左右のストロークが増えたので助手席の人に当たりそうになります。

僕とうちのやつが同乗した場合は当たるわけではないですが、ガタイのいい人だと当たるかもしれないです。

これが3速に入れた状態。

曲げ加工が、上手に逃げを作って、ナビとの干渉を避けてくれていて、この点は満足です。

しばらく使ってみないと本当に気にいるかどうかは不明ですが、今の所は割と気に入ってます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました