浴室のシャワーの水漏れを直す。というか交換する。

DIY

自宅の浴室のシャワーが手元から漏れるようになった。

新築したときに取り付けたままなので、かれこれ12年使用したのだけど、寿命なのか。

シャワーホースがどのくらいの耐久性があるのかさっぱりわからないのだけど、我が家のホースは耐久性を高くしたくて、メタルホースを取り付けてました。

正直、一生モノだと思って購入したので、12年とはいえ、ダメになったのはショックでした。

漏れるようになって思ったのですが、外側がメタルでも、中身は樹脂なんですかね?

わからないけど、残念でした。

メタルホースは見た目もきれいで恰好もいいのですが、使ってみて思ったのは重いこと。それとメタルのせいで浴室に傷を付けがちだということ。

この二点は盲点でした。

とはいえ、次もメタルホースでもよいとは思ったのですが、気まぐれに普通のホースを購入しました。

カグタイのシャワーホース

これです。

まぁ、価格は2000円しないのですが、カグタイなので、安心して使用できます。

カラーが幾つか選べるのでシルバーをチョイスしましたが、クリームが一番お安いようですね。

大抵のお家は1.6mでいいようですが、ウチは残念ながら少し短かった…

皆さん、念のためメジャーではかりましょう。

また、各種アダプターが付属されているので大抵取付できるのも魅力でした。

カグタイシャワーホース説明

うちのシャワーはKVKというメーカーのものでした。

はじめて聞く名前ですが、シャワーホースの説明にあるくらいなので、有名何でしょう。

取り外しも取り付けも簡単でした。

要は、緩めて取り外し、締めて取り付け。それだけ。

工具が要るのかも不明ですが、うちの場合は、手で出来ました。

古いシャワーホースを緩めて取り外します。

割とすんなり緩みました。

外したホース

ホースを外して、次に新しいホースをつけるわけですが、この時に本体側にパッキンが残ってないか要注意です!

因みに画像のに写っているパッキンは最初本体に残っていたのですが、たまたま取り付けに手間取ったおかげで外れてきたのですがら気付かずに取り付けていたらダブルパッキンになって水漏れの原因を作ったと思います。

カグタイシャワー取り付け部

カグタイのシャワーホースの取り付け部分には保護用のキャップが付いているのですが、なんとネジが切ってあるキャップなんです!!

これに気付かず引っ張り外そうとして外れず困ってました。

まさかと思ってウォーターポンププライヤーで回すと外れました。

因みにウォーターポンププライヤーはこの作業のみにしか使用しませんでしたが、本当は元付いていたシャワーホース取り外しのために用意してたんですけどね。

外れましたら、アダプターを取り付けます。

よーく見るとアダプターに記号をふってくれてますので、それを頼りに対応アダプターを見つけます。

シャワーヘッド側も同様に取り付けて完成です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました