切り倒した材木の整理

父が以前に切り倒した木を日当たりのいい場所に移す作業をしています。一所にまとめて雨を避ける目的もあります。木は切り倒してから暫くは枝を打たずにそのままにしてありました。理由は枝の葉が水分を必要とするために木に残された水分を吸い上げてくれるのでそのままにすることで乾燥するから。また、そうやって乾燥させないと水分を含んだ生木はとても重いので扱いにくいので。
ie1

この組んである木の上に材木を並べていく。
ie2

この木は乾燥が進んでおらずとても重かった。ワイヤーで運べそうにないためショベルカーで運んだ。
ie3

午前中はワイヤーを張ったり滑車を構えたりしたため午後しか作業はできなかったが、この程度しか運べなかった。
スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました