【スーパーカブ】カスタムのハンドル考察

2020/01/28更新

カスタムという名のカブは、ヘッドライトが角目で普通のカブと違うところがたくさんある。

ここで言うカスタムっていうのは、グレードのことです。一般にいうカスタムするとかって意味のカスタムじゃないです。

わかりにくいですよね。

このカスタムっていうグレードは角目が特徴です。

この当時のカブとしては、割と装備が良くて、セルも付いてるし、メーターパネル内に燃料計もあるし、4速だしと、オススメです。

まぁ、正直、ルックスは丸めの方が良いと思いますが…これは好みの問題ですもんね。

 

普通のカブはハンドルをバーハンするのが面倒だといわれている。

これはカブのハンドル径が22.2Φでないことやハンドル周りが一体になっていいて切り離せれない(カバーとハンドルのバー部分が溶接されている)ことが要因らしい。

 

普通のバイクのハンドル径はは22.2Φなんですね。

らしいというのはすべてネットで得た情報だからである。

実際弄ってみると、22.2でした!

そうしてネットでさらに得た情報はカスタムはカバーが外れるしその中はバーハンのような物が隠れているらしい。

 

角目のカブの情報は少ないので詳しくは解らないので分解してみた。

 

 

なんとかキットなどを使わずにバーハン化が可能そうである。

2020/01/28追記

実際、その後、キットなしにバーハン化は成功しています!

f:id:VECCHINO:20200128130931j:plain

コメント

タイトルとURLをコピーしました