垣根 涼介 「君たちに明日はない」

垣根涼介の本は初めて読んだ。もともと名前も知らなかったが、たくさんの賞を受賞しているようなので有名作家でしょう。

割りと本を読むのですが、知っている作家は少ないのです。

感想はというと、ツルっとした表紙のイラスト同様、あっさりしていて読みやすい。

面白いといえば面白いけど、後に何かを残してくれる感じが乏しい。

例えば退屈なフランス映画なんかは、見ている間中退屈だったりするのだけれど、独特の後味があって、終わった後に何かを残してくれるんだけど、この小説はそのまったく逆ですね。

読んでいる間はドンドン読みたくて読み進めるのだけれど、後味はまったくない。

エンディングの感慨みたいなものすらない。

そういう意味では好きな作家ではまったくない。しかしながら、この作品には続編があるとのことで、読みたくないかと聞かれたら、「いや読みたい」と答える。

要は、テレビドラマに近いのだと思う。

扱っているテーマなんかもぴったりだ。

スポンサーリンク

style=”display:block”

data-ad-client=”ca-pub-7932699324228307″

data-ad-slot=”5633064671″

data-ad-format=”auto”>

コメント

タイトルとURLをコピーしました