【ランチアデルタHFインテグラーレ】オイル交換

デルタインテグラーレ8V
untitled

20070123222516.jpg
オイル交換しました。

車検してからなので、オイルを交換してから、かれこれ半年。
本当は3ヶ月ごとにとかで、交換すべきなのでしょうが、距離を走らないので…
本当は貧乏が悪いのだ。



今回は国産のオイル購入しました。
RESPO職場の近くのジェームスで安かったので、これを選びました。
デルタはオイルが5Lは必要なので、4リットル缶で買うと高くつく。
なので、本当は20リットル入りのドラムで買うほうがいいのだけど、なかなかドラムってのは置き場所も必要だったり、運搬が面倒だったり、さらには出て行くお金が大きかったりで、先送り…

デルタといえど、オイル交換自体は簡単です。
が、工具が少し特殊。

国産車とは違っていてオイルのドレンを緩めのに必要なのが、なんとヘキサゴンレンチです。
所謂、6角。
しかも、12。
セットなんかで売っているのは10までなので、別途注文。
しかも、徳島のホームセンターなんかには殆ど置いてません。
ので、探し回るよりも、注文が手っ取り早い。
この頃は、ホントにネットショッピングが今ほど環境が整っていなくて、大変でしたね。

工程は普通。

ジャッキアップしてウマをかけます。
車体の下に潜って、ドレンを緩めます。
この時、ハンドルを右に切っておくと少しやり易いかな。
抜けきったら、オイルを入れます。
オイルを入れるのに利用しているのがオイル缶に取り付けてある大きなストローみたいな奴。
これはオイル缶にカチッと取り付けて簡単にオイルが注入できる優れもの。
ジョッキなんかの様に収納場所も取らないしお勧めです。
オイルの量はゲージで確認します。
僕の場合はエンジンを5分ほどかけて止めてから、5分くらい待って、確認します。
理由は解らないけど昔読んだ本に書いてあったやり方をそのまま何年もやってます。
足りない分は足します。この時、注意しているのは入れすぎないということ。
20070123223755.jpg

交換時距離 82856KM 

コメント

タイトルとURLをコピーしました