「臨場」 横山 秀夫


ハードボイルドな小説。
なかなか面白く、読ませる。あまりないタイプの短編集。

面白いのは臨場という現場が話の中心で、その都度主人公が変わる。多くの短編集の連載物だと犯人が代わって、主人公の刑事はそのままっていうのが普通だと思う。
もちろんお馴染みのキャラクターは重要な人物として出てくるが、視点は常にその都度出てくる主人公です。主人公が犯人のときもあれば、刑事の時もあるので面白い。
もちろんキーマンを主人公として読むことも出来るが、主人公が臨場した現場だと思えて仕方ない。
話の方も掘り下げてあるし、トリック等にも無理がないので読ませる。
面白い小説だった。
スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました