ECUの熱害対策

エンジンの熱におかされるECUの事はとても有名。それでドキュメントボックスに移設する対策をしてみた。

ネットで下調べして行いましたが、作業する前に気になったポイントが幾つかあったので書いてみます。

ECUの移設に延長コードは必要か? → 不要
●移設する際、助手席の脱着は必要か → 不要
●最低限必要な工具は? → ドライバーとスパナとカッター
●ドキュメントボックスにECUとメインリレーと車検証は収まるか? → 収まる

ドライバーを使って内張りを外していきます。ECUとメインリレーは車検証を入れるドキュメントボックスの後ろに隠れています。

私のビートは既に対策されていました。まぁ薄い発砲スチロール一枚ですがね。


カーペットにカッターで切れ目をいれて切り離したコネクターを出します。

ドキュメントボックスの裏側に穴を開けます。カッターで十分可能ですが私はドリルも使いました。

配線は丁度良いだけの長さがありますが取り回しはこの方法がベストでした。車検証はクリアファイルにいれて収納しています。
スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました