【PP1】ビートのブレーキローター&パッド交換

2020/05/22更新

ビートのブレーキを踏むとハンドルがぶれるので交換した。

ビートを購入した時に、同様の症状があり、左フロントは中古品に交換されている。
このビートは個人売買で購入しました。
船便で香川に到着したのを引き取りに出向いて、帰ってくるときから少し違和感が有りました。
それで、徳島と香川の県境にあるホンダのディーラーに点検して貰ったことがありましたが、別段問題なしとのことでした。

ローター交換と同時にパッドも交換しました。理由は、ローター磨耗の一因がパッドの炭化にあると考えた為で、実際の理由は不明ですが、大事をとって交換しました。

ローター交換と同時だと手間もそんなに変わらないので。

交換は簡単でスパナでボルト2本と+ドライバーで螺2本を外すだけです。

プラスのネジは固着していると面倒です。まぁ、こんな泥がバサバサ被る所へ何年も交換されないローターの固定にプラスネジなので、充分錆びて緩まない可能性があります。
因みに僕のビートは固着してました。
エアツールもインパクトないので、ナメたら大変なので、予め、タイヤ交換の際に修理工場でついでに、ネジを緩めて貰うようにお願いしてました。
なので、簡単に交換できました。
インパクトドライバーがあれば、簡単に外れるとは思うのでが、この当時は持っていませんでした。

f:id:VECCHINO:20091202085409j:plain

スパナでブレーキキャリパーの固定ボルトを緩めてを持ち上げます。

f:id:VECCHINO:20091202100115j:plain

ニューローター装着

パッドはキャリパーにボルト2本で固定されている(ローター交換時に外したボルトの内側にある)のでこれを外して付けかえるだけ。

f:id:VECCHINO:20091202091312j:plain




キャリパー固定の際、ピストンが干渉するのでウォーターポンププライヤーで押し戻してから固定しました。
もちろん、ピストンを傷つけないようにタオルや木片で保護してからやります。
この際ブレーキオイルが溢れないよう注意。
新品のブレーキパッドに交換したら、ブレーキフルードの液面がブレーキパッドの厚みに合わせて上昇します。
なので、いい状態だと、新品のブレーキパッド装着イコールブレーキフルード液面HIの位置。になりますが、多ければスポイトで減らし、少なければちょうどの位置になるように補充しておくと管理がしやすいです。
ブレーキフルードの液面の高さはブレーキパッドの減りと関係しますし、ブレーキフルードが漏れていても減ります。
なので、新品のブレーキパッドに交換したら、液面をきちんと合わせておくことで、自分の車のブレーキの状態がわかります。
ブレーキローター交換後、それまであったブレーキの違和感が、なくなり快適で安心なブレーキになりました!
まぁ、それでもビート自体は、フロントブレーキがロックしやすい車ですが…
133684km
スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました