ビートのエアコン レシーバと配管交換

今度はボンネット内にある配管を交換した。
ボンネット側のエアコンの配管は一部を除いて殆どがスペアタイヤの下に隠れています。
スペアタイヤとスペアタイヤが乗っている皿(鉄板)を降ろすと配管とコンデンサーが現れます。
スペヤタイヤの皿を外すのは見えているボルトを外すだけなので簡単です。
ビート コンデンサー ラジエータ
ビート コンデンサー ラジエータ posted by (C)ベッキオ
外した画像。ラジエータコンデンサーが並んでいる。ラジエータは困ったことに腐食が激しい。
ビート エアコンレシーバ
ビート エアコンレシーバ posted by (C)ベッキオ
レシーバの辺りはベットリとオイル漏れに埃が蓄積していた
ビート エアコンサイトグラス
ビート エアコンサイトグラス posted by (C)ベッキオ
これはサイトグラス。この下にスイッチがある。ここもベットリ汚れている。
今回用意したのはまたも中古。配管とレシーバのセット。でもなかなか綺麗で期待が持てそう。
配管を緩める時は必ず左右のナットにスパナを。無精して片側だけで緩めようとするとアルミの配管は曲がってしまいます。僕の個体は簡単に緩みました。スパナもなかったのでモンキーを2本使いました。(この方法は推奨しませんよ)
ちゃちゃと緩めて外して、用意した中古品に付け替えます。サイトグラス下のコネクターを外し忘れたりつけ忘れたりしなようにしましょう。
この後、工場で真空引きをしてもらいましたら、圧の変化がないので漏れは治まった様子(或いは洩れていても微量かと)
ガスR12を入れて見たところ。とても冷たい風が出るようになりました。
今日の時点でガスを入れて2日経過したのですが、前回は1週間でガスが抜けてしまったのでまだ少し心配です。
ビートのエアコンのことで訊きたいことがあれば気軽にどうぞ。僕のわかる範囲でしたら幾らでも協力しますよ。
スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました