ビートの車検 光量不足

ユーザー車検してきました。

もうすぐ、二十万キロのヨレヨレの車体でも簡単でしたのでオススメします。

ライトで二度落ちたので、そこだけは要注意です。三回落ちると余分に1500円掛かります。

一つは光量不足→レンズ磨きで対応!

もう一つは光軸→調整で対応可能!

光量不足は、ヘッドライトレンズが曇っていたり、黄ばんでいたりする車体は注意が必要です。

光量不足は水垢落としで磨いて対応しました。(僕は最初片側が光量不足でおちました)

磨くくらいでも何とかなるものですね。

ただ、ヘッドライトバルブを社外品に交換している人は要注意で、明るさを詠ったそのバルブのために、逆に光量不足になることがあるようです。

ビートのヘッドライトは一般的なH4ではないので、急遽交換となると手に入らないとか、ディーラーで高く購入するはめになります。

光軸調整ですが、プラスドライバーで簡単にできます。

フロントフードを開けるとヘッドライトのそばに二つずつ、調整用ダイアルがあるので、プラスドライバーを突っ込んで回すだけで調整できます。

だから、必ずプラスドライバーは持って行きましょう!

ヘッドライトの外側にあるのが上下、内側が左右用です。

ただ、ビートは車体が低いために、合格する光軸の範囲が(上下)が狭いので、他の車に比べて若干シビアになるそうです。

光軸で二回落ちて、心がおれそうなら、近くの代理屋で調整してもらうのもいいかも知れません。

ビートに乗ってる人なら、大抵は車好きなので、ユーザー車検をしている人も多いと思います。

しかし、普段から車をいじっている人でも、ユーザー車検はハードルが高く感じて、やらない人もいると思います。

また、二年に一度の点検のチャンスなので、ショップに任せるといった考えの人もいるでしょう。

しかし、愛車を自力で車検に通すとうれしいものです。

オススメですよ

スポンサーリンク

style=”display:block”

data-ad-client=”ca-pub-7932699324228307″

data-ad-slot=”5633064671″

data-ad-format=”auto”>

コメント

タイトルとURLをコピーしました