エアコンガスとA/Cオイルの補充

ビートのエアコンは最終型を除いて、R-12ガスです。

僕のビートはガスが少し漏れていて、毎年この時期にガスを補充しています。

大体、半年しない内に効かなくなってしまいます。

ですので、秋冬はクーラーが使用できないために、窓の曇りには困らされています。

しかしながら、エアコンの修理代は高いので、補充を繰り返しています。

補充を繰り返すのは、結局高くつくと聞きますが、本当でしょうか?

ちなみに、僕のビートは真空引きして一晩放置しても真空を維持します。にもかかわらず、半年で抜けてしまうのは何故なんでしょうね。

今回は、ガスの他に、オイルを補充しました。

オイルは、真空引きをした時やガス漏れと一緒に漏れてしまうみたいです。

オイル補充はガス補充の要領でやれるみたいなので、今回初チャレンジしました。

オイルはヤフオクで入手。

ちなみに、ガス補充は簡単。

専用ホース一本と缶開けバルブがあれば、マニホールドゲージなんて不要です。

ホースと缶開けバルブとガス缶を接続

ニードルのねじを回して、ガス缶に穴開け(ねじを緩めるとガスが出るのでまだしめたまま)

エンジンをかけてクーラー全開

ニードルを緩めてガスが出てきたら、低圧側にいそいで接続

缶が冷えてくるので40度くらいのお湯で暖める(この時缶は逆さにしない)

僕は毎年400g補充してます。

これで半年は冷えてます!

同様の操作で二本オイルも補充しました。

でも二本の内の最初のは缶のオイルが残ったので、二本目は逆さにしたりしながら、やってみると全量入りました。

でも逆さにするのが良いことか悪いことかまるで解りません。

オイル補充についてのブログとかが見つけれず、情報不足でした。

あくまで、参考にして、事故責任でお願いします。

低圧側にホース接続

今回使用したオイルとコンディショナー

スポンサードリンク

style=”display:block”

data-ad-client=”ca-pub-7932699324228307″

data-ad-slot=”9364881071″

data-ad-format=”auto”>

コメント

タイトルとURLをコピーしました