イスカ ゴアテックス ライトスパッツ レビュー

イスカのゴアテックス ライトスパッツ フロントジッパー ロイヤルブルー を購入しました。
富士山の砂走りに利用するのが目的です。
本来、スパッツ(ゲイター、ゲーター)は雨もしくは雪の進入を防ぐのが大きな目的だと思います。
それ以外に、靴の中に小石や砂が入るのを防ぐのにも有効だということで今回購入しました。
おそらく、富士山に行かなければ購入してません。余計な出費ですね。
アマゾンを覗くと沢山のゲーターがあります。
それこそ、1000円を切るようなものから1万円を超えるものまで。

最初は1000円程度のモノを購入しようとしてたのですが、アマゾンレビューに蒸れると。
蒸れるのは避けたいですね。夏山だと、もう厭になりますから。
となると、雨をしのげて(雨がしのげないくていいなら、布でも巻きます。)蒸れないとなるとゴア一択になります。
ゴアでも勿論むれますが、蒸れ具合が断然に軽いのでいいです。
というか、人気の理由はそれですもんね。
ゴアとなるとどれもこれも高い。しかもゴアを扱っているのは一流メーカー有名ブランドばかり。
僕が探して一番安かったのが、イスカのゴアテックス ライトスパッツ フロントジッパー でした。
ライトと書いてあるだけあって薄くて軽いです。厳しい冬山には使えないかなぁという感じです。
雨、砂、3シーズンかも。でも、残雪や簡単な雪山なら十分にも思えます。
DSC_0948.jpg
到着したのはこんなに小さい!!
きちんと収納袋がついてるし、収納袋もゴアテックス
広げるとこんな感じです。
DSC_0949.jpg
青い切替しの部分の中央部分の黒い部分は滑り止めです。
よく考えて作ってありますね。
スナップボタンが上下についてます。その分重くなると思うんですが、きっちりした日本人らしいつくりの商品だと思います。
堅牢性と信頼性を感じますね。
DSC_0950.jpg
青い部分が膝側、黒い部分が靴側です。
黒い部分は腰があります。
左右にそれぞれ右、左の表示があり、履き間違いを防いでくれます。
靴の下にくるゴムの交換可能です。これが切れると役に立たないのです。
明らかに、ゴアテックスの寿命より先にゴムの寿命が来ると思いますので、これが交換できないと困ります。
ジッパーは膝側から靴側に下すように装着します。これは見やすいのですが、慣れも必要そうです。
雨が降ってなければ、砂を防ぐのにはマジックテープのみの装着で十分そうです。
アマゾンレビューの中には袋が小さいので別の袋(ジップロック)とかの用意があったほうがと書いてあったのですが、確かにきついですが、くるくると巻いて突っ込む分にはそんなに苦労しないと思うので、僕は余分な袋は用意しません。

僕が買ったのはこれです。
スポンサーリンク



本来は夏用のスパッツですが、冬の大山でも活躍しました。
雪山で使用するスパッツは強度が高いものが多いですが、このスパッツでも十分対応できたのはうれしかったですね。
そういった意味でもいい買い物でした。
もちろん、アイゼンで引っかけてしまえば、破れてしまうのかも知れません。
でも、何度かひっかけましたが、破れずにいるのでそこそこの強度があるように思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました