モビリオスパイク イグニッションコイル交換

モビリオスパイクの調子が悪いです。

 エアコンをつけると顕著で、アイドリングでぶるぶると震えます。
 走り出しに息継ぎをするような加速です。ノッキングってやつです。
 状態が徐々に悪くなってきたのですが、それほどひどくなる前はてっきりミッションだと思いましたCVT 

マフラーから出る排ガスが異様にガス臭く、排気音もパスパスいってます!

これは、ガスがきちんと燃焼していない!!






と、いうことで、プラグは以前に交換してるので今回はイグニッションコリルを交換しました。 
今どきの車はプラグコードはなくて、代わりにイグニッションコイル(トップコイル)がついてますね。 
ダイレクトイグニッションてやつなんでしょね。
 これが、純正だと高い!
仕方ないので社外品。社外品だと半額以下です。
 壊れなければいいんだけど・・・
アマゾンと楽天を検索して、楽天の方が安かったので楽天で購入。
これはタイミング次第なんでしょね。
 モビリオはプラグやコイルが全部で8本必要だそうです。
僕のモビスパ(GK1、2002年式)は4本です。
8本だと費用が倍になるので4本で本当に良かったです。
全てのモビリオが8本で、モビスパが4本かどうかは調べたんですが、よくわかりませんでした。
 
楽天で購入して1万円以下で交換完了! 

今のところ、排ガスも臭くないですし、走りもとってもいいです。
同じ症状で困ってる人、交換おすすめですよ! 
 
交換手順方法! 
イグニッションコイルの交換に必要な工具は10mmのソケットとラチェットと10cm程度の延長パーツです。
 
DSC_1009.jpg 
この画像にあるようなのがあれば十分です。
 まず、バッテリーのマイナスターミナルを外します。
この画像の黄緑で囲ってある部分にコイルがあります
DSC_1005.jpg 
ちなみに、VTECと書かれたカバーを外してもコイルはありません。
ネットで検索するとここにイグニッションコイルがある画像がでてきますが、僕の車にはなかったです。
 これがカバーを外した状態。DSC_0989.jpg 
ね、ないでしょ。
だから、このカバーは外す必要なしです。 
 コイルがある辺りを覗くと画像のような青いコネクターが4つ並んでるのが見つかると思います。
DSC_1007.jpg 
 このコネクターの爪を上から抑えながら、もう一方の手で手前に引くと外れます。
 画像の真中に写っているのが外れた状態です。
このコネクターが接続されている黒い物体がイグニッションコイルです。
 コイルはコネクタに接続されて、その右側に10mmのねじで固定されているだけです。
 コネクターを外したら、ねじを緩めて、上に引き抜くと外れます。
これを4つただそれだけです。
 新しいのを取り付けて、コネクターとねじをきちんと締めつければ完成です!
 バッテリーのマイナスターミナルを接続してエンジンをかけて見ましよう!
スポンサーリンク 

 
その後、1年半くらいになりますが、今のところは調子いいですね。
 純正部品でないのですぐに壊れたといった記事をどこかで見たように思うので、少し不安もあったのですが。
 まぁ、純正部品でも当たりはずれはあるでしょうし、今までの経験でいえば、社外品だから程度が悪いというのはあまりないように思いますね。(代替品の話です)
 この調子でいってくれるとありがたいですね。 
我が家のモビスパももうすぐ22万キロです。
目指せ30万キロ!
2020年2月22日追記
その後、モビスパを手放すまでにイグニッションコイルによる不調はありませんでした。
社外品で十分な性能と耐久性を維持してくれましたね。
モビスパは壊れてはないのですが、乗車人数の都合でアイシスに乗り換えました。
こちらも過走行車ですが、調子いいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました