ビートのロアアームバー 取り付け

ビートのロアアームバー ブレースを中古購入しました。

理由は、純正のロアアームバーが錆びて役を果たさなくなったから。

DSC_1021.jpg

こんなにひどい状態。

ボディには17mmのボルトでとまっているだけなんですが、非常にかたい。

固着してしまっていて、ねじ山も錆で死んでしまってました。

鉄の棒で延長して何とか回るって感じでたった2つのボルトを回すのに1時間くらい格闘しました。

style=”display:block”

data-ad-client=”ca-pub-7932699324228307″

data-ad-slot=”9364881071″

data-ad-format=”auto”>

実際の作業は、ジャッキでフロントをあげて、馬を左右にかけて車体に潜り込んでやるので、力がかけにくいのも難点でした。最初は回らないので足で押し廻して・・・

2つに折れてしまったので反対側に19mmのメガネをかけて廻しました。

なんとか取り付けた画像がこちら★

DSC_1022.jpg

見た目も綺麗でうれしいのですが、見えないところに付いているのが残念です。

取り付けた感想は、安定がましたかなぁって感じです。

残念ながら、純正のロアアームバーとの感触の違いがあまりわかりません。

それでも幾らか良いように思いますが、錆びて折れた状態と比べても劇的に変わるということはなかったです。

ロアアームバー ブレース費用

中古部品 10778円

送料     1836円

ロックナット 427円

——————————————-

合計金額 13041円

割と高くつきました。

もう少し、効果が体感できるといいんですが・・・

純正のもの中古だと4000円くらいかかるんでどうせならと張り込んだんですがw

でも、サーキット走行なんかだと違いが分かるのかもしれません。

あと、取り付けて50kmくらいしか走ってないので、コースや天候で今後違いに気付くかもしれません。

その時は再インプレッションしてみたいと思います。

スポンサーリンク

style=”display:block”

data-ad-client=”ca-pub-7932699324228307″

data-ad-slot=”5633064671″

data-ad-format=”auto”>

純正のロアアームバーの劣化により交換した社外品のブレースバーですが、取り付けたすぐには効果が感じれず、なんだかなーって感じだったのですが。

昨日、300キロほど峠を走行してきたところ、これが物凄く気持ちよかったのです。

このパーツは効果あり!です。

コーナーの進入が気持ちいいです。

頭がよく入って行きます。

フロントの足回りの安定感があり、凸凹の路面でも安定します。

フロントのばたつきが減ることでリアの足の追随性がよくなりました。

とっても気持ちよくなりましたー

コメント

タイトルとURLをコピーしました