隠れたあじさいの名所 塩塚高原 見頃情報

s_DSC_0373.JPG
徳島と愛媛の県境にある高原、塩塚高原のあじさい情報です。
ここもあまり知られていないようです。
平日にドライブしてきたのですが、ほとんど人はいませんでした。
到着したのが15時過ぎだったのも影響したのかもしれませんが、1時間前くらいに到着した新宮あじさいの里が人がいっぱいいたのを考えると隠れたスポットだと思います。
今年の、2018年7月1日の日曜は見頃でしょうね。
6/26に見に行ってきたのですが、きれいに咲いていました。
s_DSC_0375.JPG
管理棟横の駐車場からの眺めです。
天気は良かったのですが、ガスが(多分PM2.5)発生していて抜けは良くなかったです。
あじさいでもなんでもそうですが、有名になるほどの名所はどことも間違いなくいいところですが、人が多くなると人を見に来たのか花を見に来たのかと思ってしまい、残念な気分になります。
これは祭り好きな性格の人は殆ど感じないようなもののようですが、祭りがあまり好きでない僕のようなタイプはこの塩塚高原のような名所が落ち着きますし、楽しめます。
塩塚高原のあじさいは約2000株で、とても多いというわけではないですが、一所に固まっているので見ごたえがあります。
s_DSC_0374.JPG
この角度から見ると、あじさいがきれいに並びすぎていて、畑のようで少し面白いです。
スポンサーリンク



塩塚高原はキャンプ場としても有名です。
夏場は予約が込み合うようです。
レジャー施設としてはクライミングウォールやバギーなんかもあって1日楽しめます。
また、手軽に稜線をあるくことができるのは魅力です。
s_DSC_0370.JPG
ここはすぐそばまで車で行くことができます。
塩塚高原のライブカメラが設置されている展望台です。
とても蒸し暑い日でしたが、ここは風が強く吹いていて寒いくらいでした。
s_DSC_0373.JPG
s_DSC_0372.JPG
s_DSC_0371.JPG
展望台では1組のカップルに会いましたが、紫陽花を見ていた管理棟の辺りではだれにも会うことはなかったです。
あじさいはこの管理棟の辺りに固まっているので、ここ以外は高原の風景を楽しみましょう。
高原は森林限界を超えているようで、木がないのできれいな風景が楽しめます。
剣山の山頂のような笹はありませんが、ここはここで気持ちいいです。
なおかつ、ここなら、登山しなくても高原の風景が楽しめるので手軽です。
塩塚高原は徳島県側と愛媛県側で管理も違い、味わいも違います。
愛媛側は霧の森とか霧の高原とかと呼ぶようです。
どちらかというと愛媛県側が近代的ですし、お土産も有名な霧の森大福もありますし。
どちらも車で行き来できるので、両方楽しむのがいいと思います。
スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました