格安のアタックザックを選んでみた

夏の終わりに北アルプスに行くことになった。
コースが岩稜で険しいのでアタックザックで軽快にして登山してみようと考えた。
それでアタックザックを探したのだけど、どれもこれも高級で7000円くらいからばかり。
そういった世界の中で、何とか3000円くらいでアタックザックを手に入れるべく、アマゾンを徘徊してみた。
もちろん、お財布に余裕があれば高くて良い品を手に入れるのだけど、北アルプス行に費用がかさんでしまって、余裕がない。
最悪はアタックザックじゃなくても登山は可能なので予算に収まらなければ、今使っているグレゴリーで登ろうと考えてたりもする。
しかし、グレゴリーのバックパックは物がいいのだけれど、重量があるので、軽登山の時などは無駄に重いザックを担いでいる感じがしているので、ここらで軽量なザックが欲しいのも事実。
それで、軽登山にも使用可能なものがあればそれも視野に入れようと思う。
スポンサーリンク



まずはモンベル。バーサライト パック 15
価格は3888円(税込)

スピードハイクでの使用や、アタックザックとして最適な超軽量パックです。快適な背負い心地や機能性を確保しながら、大幅な軽量化を実現しました。表地には超軽量と強度を両立した独自の素材を使用。トップリッドが収納袋になるポケッタブル仕様です。
30デニールで、重量99gと超軽量です。

[モンベル] mont-bell バーサライトパック15

[モンベル] mont-bell バーサライトパック15

  • 出版社/メーカー: mont-bell(モンベル)
  • メディア: ウェア&シューズ

トップリッドがついているのに100gを切っているのも魅力ですし、ショルダーハーネスがメッシュなので汗かきの僕にはうれしいですね。
アマゾンのレビューですが、
主に日帰りのスピード登山、ロングランニングで使用します。チェストベルトのおかげで走ってもザックはほとんど揺れません
と、あるので、アタックザックとしては十分の性能を持っているようですね。
あと、今のところ使う予定はないですが、ハイドロレーション対応というのもいいですね。
将来、トレランをしたくなったらこれで走ることができそうですね。
次の候補は、
mountain dax ポケッタ20 DM-624-16
3564円
容量が20Lで、重量282gです。

モンベルのに比べてずいぶん重いです。
それでも軽量といば、軽量ですね。
重量アップした分、便利ですし、しっかりとしたつくりになっているようです。

mountain dax(マウンテンダックス) ポケッタ20 DM-624-16

mountain dax(マウンテンダックス) ポケッタ20 DM-624-16

  • 出版社/メーカー: oxtos(オクトス)
  • メディア: その他

軽量でコンパクトに収納出来るパッカブルシリーズです。
メイン素材には軽量なナイロン70Dnを採用し、裏面には耐久性の高いPUコーティングを施しています。
ステッキホルダー、取り外し可能なウエストベルト、芯材の入ったショルダーハーネスと充実した仕様が特徴です。
ステッキホルダーやウエストベルトがあるアタックザックは少ないです。
こうなると軽登山に利用するには十分の性能があるので、アタックザックだけでなく、普段にもつかえそうですね。
ショルダーハーネスには芯がはいっているので背負い心地もよさそうです。
サイドにメッシュのポケットがあるのも重宝しそうですね。
これだけの装備なので重くなるのもうなずけますが、もう少し軽いとうれしいのですよね・・・
お次は
シートゥーサミットのウルトラシル デイバック20Lです。
3564円
素材:30Dシリコンコーデュラで、重量:68gです

SEA TO SUMMIT(シートゥーサミット) ウルトラシル デイバック

SEA TO SUMMIT(シートゥーサミット) ウルトラシル デイバック

  • 出版社/メーカー: キャラバン
  • メディア: その他

20Lで68gは本当に軽いですね。
その分、ペラペラでしょうね。
アマゾンでの評価は高くて、49件のレビューで平均が星4ですから、購入して間違いはなさそうですね。
軽い分、機能はそぎ落としているのでしょう。
アマゾンのレビューですが、
縦走時のアタックザックになるかとおもい購入しました。
軽量コンパクトが最優先のザックなのでパッドの類は一切ありませんから、荷物の重量や形態は考慮する必要がありますが、近距離の使用なら問題なしです。
山小屋(テント)から、カメラとジャケットを入れて山頂まで一時間なんて時と、下山時の温泉での着替え入れにも重宝していますが、ウエストベルトも無いので、軽いからと言ってトレランのような使い方には向かないと思います。
本当にアタックザックとしての機能のみみたいですね。
他に使える用途が限られる分、軽量コンパクトに特化しているようです。
これでは、僕の用途には少し使いにくいなぁと思いますね。
OSPREY(オスプレー) ウルトラライトスタッフパック 18L
3780円
40Dシルナイロンリップストップ、重量90g

OSPREY(オスプレー) ウルトラライトスタッフパック 18L OS58002

OSPREY(オスプレー) ウルトラライトスタッフパック 18L OS58002

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: ウェア&シューズ

パックに一つ忍ばせておきたいパッカブルスタッフパック。内蔵ポーチに丸々収納できます。超軽量コンパクトながら快適に背負えるようにエアメッシュショルダーベルトを装備。
・上部に素早くアクセスできるスタッシュポケット
・デュアルジッパーでメインコンパートメントにアクセス
・ペットボトルも入れられるストレッチメッシュサイドポケット
・通気性のあるエアメッシュショルダーハーネス
・ポケットへ収納してコンパクトに持ち運び可能
オスプレーのバッグは以前から欲しいのでブランドとしては魅力です。
サイドにポケットがあるのでドリンクを入れることができるのはいいですね。
そのクセ、重量は90gですから、最高です。
価格もオスプレーにしては安いですよね。
お部屋が2部屋なのも使い便利よさそうですね。荷物にアクセスしやすいのは長時間背負うときにはありがたいですよね。
また、ショルダーが通気性があるのもありがたいですね。
以上、4点紹介しましたが、僕はオスプレーモンベルになりそうです。
この記事を書いている間にまた迷いも出てきましたが・・・
また、購入したら、使用感などレビューできたらと思いますので、よろしくお願いします。
スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました