バッテリーの白い粉…サルフェーション対策

アイシスのエンジンルームを開けてオイル量のちぇっをした時に気付いたのですが、バッテリー端子に白い粉が付着していました。

 

以前にも他の車で見たことがあったのですが、気にしなかったのですが、ふと気になって検索してみました。

 

調べてみると、青い粉と白い粉で成分が違うようでした。

青い粉 は 緑青(ろくしょう)というやつで、バッテリー端子の銅が酸化したものだそうです。

白い粉 は、サルフェーションと呼ばれるやつで、バッテリー液(希硫酸)が漏れ出して気化し、再結晶化した硫酸鉛です。

 

なので、どっちも体に有害みたいです…

f:id:VECCHINO:20200325081019j:image

f:id:VECCHINO:20200325081030j:image

こんな具合になってます。

 

なので、お湯をかけて洗い流します。

皮膚に付着すると良くないようなので、ゴム手袋を装着しました。

また、目に入ると失明のおそれがあるとのことなので、メガネ着用しました。

 

危ないので息で吹き飛ばしちゃダメです!

知らないで、やりかけました…

 

f:id:VECCHINO:20200325081048j:image

 

f:id:VECCHINO:20200325081101j:image

お湯で洗い流して、ワイヤーブラシで磨きました。

 

因みにこのバッテリーは夏に購入したので、使用期間は半年少々なので、まだまだ頑張って貰わないといけません。

f:id:VECCHINO:20200325081118j:image

 

f:id:VECCHINO:20200325081131j:image

その後、再度ならないようにグリスアップしてみました。

 

サルフェーション防止のアイテムがエーモンから出ています。

 

どのくらいの効果があるんでしょう?

グリスアップで収まらなければ、購入を考えます!

 

今回使用した道具
f:id:VECCHINO:20200325081145j:image

 

その後、バッテリーの具合を見るために電圧を計測しました。

 

因みに比重は確認窓でみると、緑色なので、OK。

また、バッテリー液の量もコインで蓋を開けて確認しましたが、これも問題なしでした。

 

エンジンオンの状態
f:id:VECCHINO:20200325081202j:image

 

エンジンオフの状態。
f:id:VECCHINO:20200325081214j:image

 

電圧は問題ないようです。

 

うちのアイシスは過走行ですが、オルタネーターは前のオーナーがリビルトに交換してあるので問題なしです。

 

暫く様子を見ていこうと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました