C50スーパーカブのパンク修理をしました。

スーパーカブ

スーパーカブのパンクを修理しました。

剣山スーパー林道でパンクさせたのでそれの修理です。

林道を何キロもパンクしたまま走行したので、チューブだけじゃなく、タイヤやホイールも駄目になっている可能性もあります…

とりあえずはチューブのみ交換して見ます。

f:id:VECCHINO:20200503165234j:image

ちゃちゃっと、タイヤを外します。

f:id:VECCHINO:20200503165522j:image

目視ではホイールに問題はなさそうに見えますが、じつは不明です。

f:id:VECCHINO:20200503165804j:image

タイヤは歪みがあります…

f:id:VECCHINO:20200503165838j:image

タイヤチューブのエアバルブがこんなに傾いています。

どうやら内部でチューブが伸びて、折り重なってダマになっているようで、エアバルブ付近が重いです。

f:id:VECCHINO:20200503165956j:image

取り外したチューブです。

ズタボロです…

これはパンクしてから後に出来た穴です。

パンクした時はこんなに大きな穴ではなく、パンクしたままカブを走らせた結果です。

f:id:VECCHINO:20200503170115j:image

エアバルブ付近の折り目は、タイヤ内部で折り重なっていた跡です。

f:id:VECCHINO:20200503171206j:image

こんなひどい状態になっても、無事に我が家まで帰ることが出来たので、カブには感謝しかないです。

感謝して、キレイに直したいと思います。

外したホイール
f:id:VECCHINO:20200503170157j:image

ホイールにはリムバンドってのを付けるのが一般的なようですが、僕のホイールには、ついていません。

代わりにビニールテープが貼り付けてありました。

バイクショップの仕業なんですが、こんなもんでも充分ということなんでしょうか?

調べるとリムバンドはチューブとホイールの接触でのパンクを防止するためにあるそうです。

ホイールの金属部分とチューブが直接当たらなければ問題ないからと布のガムテープもよく使われるそうです。

ビニールテープもガムテープもどちらも糊が残って汚くなるけど、安く上がるのはいいですね。

普段見えないし。

ただ、スポーク部分を塞いで仕舞うので、錆の原因になるとの意見も…

なので、今回はリムバンドを購入!

安いし!

と思ったら、到着がチューブの2日後…

待てないので…

f:id:VECCHINO:20200503171143j:image

パンクしたゴムチューブをハサミで切り出して、リムバンドの代わりに使用します!

ネットでこの方法見つけた時は、テンション上がりました!

廃材利用できるし、ビニールテープやガムテープよりもスマートだし!

f:id:VECCHINO:20200503171404j:image

固定には、ビニールテープを使用しました。

組み付けて、空気を入れます。

空気はロードバイクで使っている空気入れを使用しました。

f:id:VECCHINO:20200503171435j:image

f:id:VECCHINO:20200503171957j:image

問題なく組み付け完了しました。

その後、試走しましたが、タイヤのせいかホイールのせいかは不明ですが、時速30キロ辺りから振動が発生します…

乗れなくはないのですが…

乗り心地は悪いので、次はタイヤの方を交換して様子を見てみたいと思います。

それでもだめなら、ホイール………

高い出費になりそうで、怖いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました